慰謝料請求をスピード減額できたEさんの事例

ご相談者Eさん (福岡市)
解決方法:協議
慰謝料を請求された

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 減額利益
慰謝料 300万円 80万円 220万円

状況

Eさんは、会社員としてはたらくかたわら、休日は社会人同士の交流会に参加していました。その折、交流会で知り合った既婚者と不貞関係になってしまい、それが妻の知るところとなった結果、慰謝料の請求をされたということで相談に来られました。
請求をされた時点ですでに相手には弁護士が付いており、どのように進めたらよいのかわからないということで、ご依頼を受けました。

 

弁護士の関わり

Eさんからご依頼を受け、直ちに相手方代理人へ受任通知を送付しました。Eさんが行ったことは事実であるため、真摯に反省している点を伝えるとともに、請求額(300万円)は高額すぎるという点を粘り強く説明しました。
また、Eさんは、インターネット上での誹謗中傷を受け、一定の社会的制裁も受けていました。
以上をしっかりと主張し、最終的には80万円を一括してお支払いするとともに、求償権を放棄する形で和解となりました。

 

補足

配偶者の不貞行為を理由として離婚する場合、裁判所における慰謝料の相場は200万円から300万円程度と言われています。
慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

本件では、相手方代理人の書面から伝え聞く相手の状況と、周辺から把握できる相手方の状況に大きな差がありました。こちらは真実をしっかりと伝えていくことはもちろんですが、相手方の主張している事実が真実であるかもしっかりと見極めなければなりません。
双方代理人が受任した状況で把握できる事実は限定されてきますが、関係者から継続して情報を得ることも重要です。





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?