夫の不貞行為等により別居後、離婚を成立させたTさんの事例

ご相談者Tさん (糸島市)
職業:会社員
世帯年収:約750万円
婚姻期間:約25年
解決までの期間:10ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (1人(成人している))
離婚を切り出した

相手:50代会社員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 増額利益
離婚 ×
財産分与 35万円 135万円 100万円
慰謝料 相当額 200万円

状況

Tさんは約25年前に夫と婚姻し、その後、1人の子どもを授かりました。

夫との婚姻生活を続けていたTさんでしたが、夫からの長年に渡る圧力(仕事に行かせてもらえない、友人との連絡をとることを制限される等)に苦しむ生活が続いていました。
また、夫は細々とした浪費を重ねていたため、経済的に苦しいこともありました。
しかし、Tさんは子どものため、また家庭の安定のために懸命に耐えて、支えてきました。

その後、子どもが成人して就職した頃、夫の不貞行為が発覚しました。
Tさんは、これまでも何度となく離婚を考えてきましたが、ついに夫と別居、離婚することを決意しました。

とはいえ、別居や離婚をどのように進めていけばよいか分からなかったTさんは、今後の進め方等についてアドバイスを受けるため、弊所にご来所、ご相談されました。

 

弁護士の関わり

Tさんからご相談を受けた弁護士は、今後、別居・離婚をしていくためにどのように進めていけばよいのかについて、その流れや注意点について説明しました。
例えば、別居に際して持ち出すもの等についての説明を行いました。
また、現状についてヒアリングを行い、離婚するに際しての条件面について、おおよその見通しを伝えました。

これまで夫からの様々な圧力を受けてきたTさんは、ご自身で進めることがとてもできない状態であったため、弁護士に離婚の代理交渉を依頼されました。

離婚の代理交渉の受任を受けた弁護士は、夫との離婚協議を開始しました。
弁護士が夫に対して協議離婚の申入書を送ったところ、すぐに夫にも代理人弁護士が就きました。

夫側も離婚することについては同意しました。
そのため、離婚条件(財産分与、慰謝料)を協議するにあたり、双方の保有財産の開示や説明を行う形で協議を進めていきました。

最終的には、

・夫がTさんに対して、財産分与として135万円を支払う。
・夫がTさんに対して、慰謝料として200万円を支払う。
・年金分割を行う。

という条件での離婚が成立しました。
※財産分与、慰謝料について、正確には1円単位の金額になりましたが、ここでは便宜上、上記の金額で表記させていただきます。

 

補足

離婚の成立について

Tさんは、長年にわたる夫からの圧力に耐えてきたため、精神的に疲弊しており、自分で離婚を進めていくことが難しい状況でした。

こうしたTさんのように、何らかの理由で、自分で離婚問題を進めていくことに不安を覚えている方(場合によっては恐怖を覚えている方)はたくさんいらっしゃいます。

そうした状況にあっては、まずは離婚専門の弁護士にご相談をされることを強くお勧めします。
相談することによって、自分の置かれた状況について頭を整理することができますし、また、今後どのように進めていくことが良い解決に向かうのかを理解することができます。

当事務所には、こうした離婚問題について数多くの解決実績があります。
一人で悩まずに、まずはご相談ください。

離婚が成立するかどうかについて、詳しくはこちらをご覧ください。

 

財産分与について

財産分与は、夫婦が婚姻生活の中で築いてきた財産を清算するものです。
通常、2分の1ずつということになります(2分の1ルール)。

もっとも、本事案では、通常の財産分与だと35万円程度の分与(双方の財産を洗い出した上で、2分の1ルールにしたがって分けた場合に、Tさんが受け取ることになる金額)になるところが、結果として135万円となりました。
このような結果になったのは、本件で婚姻関係の破綻の原因を作った原因が、夫側にあるという考慮のもとで協議を進めていったからです。

慰謝料的な側面も加味しての財産分与としての解決となりました。

財産分与について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

慰謝料について

本件では、夫の不貞行為があったため、夫に対して慰謝料を請求していきました。

慰謝料の金額は、婚姻期間、不貞行為の期間、不貞行為の態様等によって、個別具体的に判断されることになりますが、本件では、協議の結果慰謝料として200万円を獲得しました。

不貞の慰謝料について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 





関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

検索条件: 熟年離婚

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 自宅不動産
  • 別居
  • 熟年離婚
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  • DV・暴力
  

長年別居状態であった夫から多額の解決金を受け取り離婚した妻Gさん

Gさんがご相談に来られた際は、別居をしてすでに20年近くが経過していました。夫婦関係が破綻していることは法的な観点からも明らかでしたが、きっかけがなく月日が過ぎてきたという状況でした。[...]

依頼結果:

離婚○成立
慰謝料・財産分与650万円(650万円増額)
不動産Gさん名義に(不動産時価相当額増額)
年金分割あり


60代女性 / 自営業 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?