15年以上も別居している夫と熟年離婚を成立させた妻Fさんの事例

ご相談者Fさん (北九州市小倉北区)
職業:パート
世帯年収:300万円
婚姻期間:約30年
解決までの期間:2ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (3人)
離婚を切り出した

相手:無職(年金収入)

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

依頼前 依頼後 利益
離婚 ×不成立 ○成立
財産分与 0円 自宅を取得 約1000万円
年金分割 × 50% 50%

 

状況

Fさんは、昭和55年に夫と結婚し、その後に3人の子どもを授かりました。

しかし、夫は、当時、勤めていた会社で不祥事を起こし、その損害賠償のためにFさんのお父さんから1000万円を借り入れました。

にもかかわらず、夫は、日常的にFさんに対して、「誰のおかげでメシが食えている!」「役立たず!」などの暴言を吐いていました。

そのため、夫婦関係が悪化し、夫が自宅を出るという形で平成10年に別居することとなりました。

それから15年以上もの歳月が経過しましたが、自宅が夫名義のままであったため、Fさんは今後について不安に感じ、当事務所に来所しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、夫との協議離婚の交渉を受任し、夫に対して、書面を送り、弁護士がFさんの代理人となったこと、Fさんとの接触禁止を通知し、離婚を求めました。

これに対し、夫は、財産分与と年金分割に難色を示し、離婚に応じませんでした。

しかし、夫のモラハラが原因で別居に至ったこと、裁判になったときの夫側のデメリットを説得的に伝える等の交渉を継続させました。

その結果、受任からわずか2か月程度で離婚が成立しました。

 

補足

本件では、別居から15年以上もの長年月が経過していたことから、もし、夫が離婚に応じていなくても、訴訟において、離婚が100パーセント認められる事案でした。

しかし、訴訟等の裁判所を利用した手続きは、長期間を要します。

また、弁護士費用等も増加することから、依頼者の方の負担が大きくなります。そこで、当事務所では、まず、協議離婚を弁護士が代理人として行うという手法をとっています。本件では、この手法により、離婚が早期に成立しました。

 

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の年金分割に関する説明は、こちらをごらんください。

なお、今回の事案のようなモラハラ夫について、くわしくは当事務所のDV・モラハラサイトをご覧ください。

 

 





関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

検索条件: 熟年離婚

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 自宅不動産
  • 別居
  • 熟年離婚
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  • DV・暴力
  

長年別居状態であった夫から多額の解決金を受け取り離婚した妻Gさん

Gさんがご相談に来られた際は、別居をしてすでに20年近くが経過していました。夫婦関係が破綻していることは法的な観点からも明らかでしたが、きっかけがなく月日が過ぎてきたという状況でした。[...]

依頼結果:

離婚○成立
慰謝料・財産分与650万円(650万円増額)
不動産Gさん名義に(不動産時価相当額増額)
年金分割あり


60代女性 / 自営業 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?