夫に退職金の使い道を勝手に決められた妻Eさんの例

ご相談者Eさん (福岡市南区)
子どもあり
離婚を切り出した

相手:会社員(一部上場企業)

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

状況

Eさんは、結婚当初から夫の女性問題に悩まされていました。

Eさんの夫は一部上場企業に勤めていましたが、早期退職を決意し、2000万円以上の退職金を得ることとなりました。

しかし、夫は退職後の生活についてEさんに相談することなく決めていたことがあり、それは自宅を処分したお金と退職金で新たな事業を始める計画でした。

Eさんが夫に子供たちの生活をどうするつもりなのか詰め寄ると、「金は全部俺のもの」との一点張りで、不倫のことも認めた上で「お前には何も苦労をかけていない」と開き直られ、当事務所へ相談に来ました。

 

弁護士の関わり

当事務所は、急いで退職金債権について裁判所に仮差押命令の申し立てを行い、決定を得ました。

退職金支給日まであまり日数がなく、もし機を逃していれば結果は変わっていたかもしれません。

結果、Eさんは退職金相当額約2000万円を離婚給付として受け取ることとなり、これを第2の人生の元手にして新たな生活に踏み出しました。

 

 





関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 自宅不動産
  • 別居
  • 熟年離婚
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  • DV・暴力
  

長年別居状態であった夫から多額の解決金を受け取り離婚した妻Gさん

Gさんがご相談に来られた際は、別居をしてすでに20年近くが経過していました。夫婦関係が破綻していることは法的な観点からも明らかでしたが、きっかけがなく月日が過ぎてきたという状況でした。[...]

依頼結果:

離婚○成立
慰謝料・財産分与650万円(650万円増額)
不動産Gさん名義に(不動産時価相当額増額)
年金分割あり


60代女性 / 自営業 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?