アスペルガー症候群の疑いのある夫と好条件で離婚を成立させた事例

ご相談者Iさん (福岡県太宰府市)
職業:会社員
解決までの期間:1年
解決方法:協議
子どもあり
離婚を切り出した

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

依頼前 依頼後 利益
養育費 0円 月額10万円 月額10万円
財産分与 0円 500万円 500万円
解決金 0円 50万円 50万円
年金分割 × 50% 50%

 

状況

ご相談に来られたIさんは、夫とコミュニケーションがとりづらいことに悩みを抱えていました。結婚してしばらく経った頃、Iさんは夫と同居生活を送ることに限界を感じ、別居生活を始めました。

別居中、Iさんは、夫と連絡をほとんどとることはなく、お子さんの面倒も一人で見ている状況でした。

別居して10年近く経ったことから、Iさんも離婚について決意しましたが、夫とは連絡もとっておらず、そもそも話合いができる状況ではなかったため、弁護士に依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Iさんの夫に離婚協議を申し入れ、交渉を開始しました。

夫は、話合いには応じましたが、コミュニケーションがとりづらいこともあり、なかなか話が進みませんでした。

しかし、弁護士は夫の特性に配慮したうえで、粘り強く夫の話を聞き、離婚協議を着実に進めていきました。

途中、夫と連絡がとれなくなることもありましたが、弁護士は適宜Iさんと相談しながら、Iさんにとって有利な離婚条件となるよう交渉を続けました。

その結果、Iさんは、養育費や財産分与などの経済的な面で納得のいく条件で、夫との離婚を成立させることができました。

 

補足

Iさんは、夫とのコミュニケーションのとりづらさから、夫がアスペルガー症候群なのではないかと疑問をもっておられました。そこで、アスペルガー症候群と離婚の関係について調べるうちに弊所にたどり着き、ご依頼されました。

Iさんは、夫となかなか話が通じず、離婚協議が難航するのではないかと予想していました。

しかし、弁護士は、アスペルガー症候群に関する知識を踏まえたうえで、夫との交渉にあたった結果、夫との交渉も順調に前進し、調停等の裁判手続を利用することなく、夫と有利な条件で離婚を成立させることができました。

このように、離婚協議においては、相手方の特質に配慮したうえで、細やかな交渉を行うことが、早期解決への早道になります。

相手方の性格にお悩みの方、話ができないとお悩みの方は、ぜひ一度、弊所にご相談ください。

アスペルガー症候群について、詳しくはこちらをご覧ください。

この事例の財産分与についての説明はこちらをご覧ください。

 

 





関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 自宅不動産
  • 別居
  • 熟年離婚
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  • DV・暴力
  

長年別居状態であった夫から多額の解決金を受け取り離婚した妻Gさん

Gさんがご相談に来られた際は、別居をしてすでに20年近くが経過していました。夫婦関係が破綻していることは法的な観点からも明らかでしたが、きっかけがなく月日が過ぎてきたという状況でした。[...]

依頼結果:

離婚○成立
慰謝料・財産分与650万円(650万円増額)
不動産Gさん名義に(不動産時価相当額増額)
年金分割あり


60代女性 / 自営業 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?