不貞行為で離婚後、慰謝料請求され、減額に成功したAさんの事例

ご相談者Aさん (長崎県)
職業:会社員
世帯年収:200万円
婚姻期間:2年
解決方法:協議
子どもなし
慰謝料を請求された

相手:元夫(30代会社員)

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 利益
慰謝料 500万円 230万円 270万円減額

状況

Aさんは元夫と婚姻しましたが、次第にお互いの性格の不一致により不仲になっていきました。

その結果、婚姻後、2年ほどして協議離婚しました。

協議離婚の際、金銭面での条件は特にありませんでしたので、Aさんとしては、このまま何もないものと考えていました。

しかし、協議離婚が成立した後、数ヶ月ほどして、元夫の代理人弁護士から突然内容証明郵便が届きました。

その書面の内容は、Aさんが婚姻期間中に不貞行為を行ったことを理由に慰謝料請求(請求額:500万円)をするという内容でした。

なお、書面に書かれている内容は事実でした。

Aさんは驚くとともに、今後どのようにすればよいかが分からなくなりました。

また、同時期、Aさんの交際相手の男性にも、Aさんの元夫の代理人弁護士から、同趣旨の内容証明郵便が届きました。

そこで、Aさんは、今後まず何をすればよいか等を相談するために、当事務所の弁護士にご相談されました。

 

 

弁護士の関わり

弁護士は、まずAさんに書面に書かれている内容が事実かどうか、離婚に際して何らかの条件を取り決めたかどうかなどの聞き取りを行いました。

書面に書かれている内容が事実だったため、弁護士は、今後は示談交渉により減額を目指していく方針を採ることが適切であるとアドバイスをしました。

Aさんとしては、自身で進めることに不安を覚えていたため、弁護士に慰謝料請求に関する代理交渉を依頼されました。

なお、Aさんの交際相手の男性には、別の弁護士が就きました。

そのため、Aさんの弁護士、元夫の弁護士、Aさんの交際相手の弁護士の3者間で協議をしていくことになりました。

Aさんの弁護士は、まず、元夫の弁護士に受任通知を出しました。

そして、それからあまり間を空けずに、今回の不貞行為の事実関係を認めて謝罪の意を示すとともに、まずは100万円での示談が可能かどうかの打診をしました。

※なお、本件は、共同不法行為にあたる事案だったため、Aさんの交際相手の弁護士と事前に協議をして方針を確認した上で進めていきました。

その後、何度か交渉を重ねていきました。

最終的には、

  • AさんとAさんの交際相手とが、連帯して、元夫に対して慰謝料230万円を支払うこと
  • 謝罪文を書くこと

の各内容での示談が成立しました。

 

補足

慰謝料

本件は、離婚後に元夫から慰謝料請求を受けた事案です。

また、元夫は、Aさんの交際相手にも慰謝料請求をしていました。

そのため、本件のポイントは主に、

  1. 協議の進め方
  2. 慰謝料金額

の2点となります。

1. 協議の進め方

AさんとAさんの交際相手は、不貞行為の加害者(共同不法行為)として、Aさんの元夫に対して連帯して責任を負う関係になります。

そのため、事案の終局的な解決をするためには、本件のように3者間で協議を進めていくことが必要な場合もあります。

本件では、AさんとAさんの交際相手が、「連帯して」、Aさんの元夫に対して慰謝料を支払うという合意をしました。

2. 慰謝料金額

慰謝料の金額は、婚姻期間、不貞行為の期間、不貞行為の態様等によって、個別具体的に判断されることになりますが、本件では、協議の結果、慰謝料として最終的に230万円に落ち着きました。

慰謝料について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

慰謝料を求められた案件では、往々にして相手方が感情的になっていることが少なくありません。

そのため、様々な理由から、ご自身で話し合いを進めていくことが困難な場合もあります。

慰謝料についてお悩みの方は、まずはこの問題に精通した弁護士に相談されることをお勧めします。

 

 

 





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  

既婚者と浮気し250万円の慰謝料を請求された大学生の事例

Sさんは、相手方の夫であるMさんと約半年ほど交際。当初、既婚者であることを知りませんでしたが、友人からMさんが既婚者であることを知ると同時期に、関係が発覚。半年後、慰謝料請求され、未成年者であったSさ[...]

依頼結果:

慰謝料 100万円(150万円減額)
 


/ 大学生 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点