育児に積極的でなかった夫から親権を取得した妻Kさんの事例

ご相談者Kさん (福岡市博多区)
職業:専業主婦
婚姻期間:4年半
解決方法:協議
子どもあり (2歳)
離婚を切り出した

相手:銀行員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

状況

専業主婦Kさんは、銀行員の夫と4年半前に結婚し、2年前に子どもが生まれました。

ところが、夫は育児にまったく協力せず、休日も趣味のゴルフに夢中で相手をしてくれませんでした。

また、飲み屋の女性との交際をうかがわせるようなメールをやり取りしていました。

Kさんは、夫との離婚を決意し、子どもを連れて実家に帰り、弁護士に離婚交渉を依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、夫に協議離婚の申し入れを行い、交渉を開始しました。

当初、夫は、離婚には応じるものの、親権は渡さないと言っていました。

そして、夫の方から離婚調停を申し立て、親権を主張してきました。

これに対して、妻の方が親権者として相応しいと反論し、最終的には妻を親権者として調停が成立しました。

 

補足

同居中、まったく育児に協力しなかった夫が裁判等で親権を主張することは以外と多くあります。

親権で争いとなった場合、裁判所が家事調査官を選任し、いずれが親権者として相応しいかを調査することが通常です。この事件では、調査報告書において妻の方が親権者として相応しいとの報告結果を得ることができました。

その結果、夫に親権を諦めさせることができました。

 

 





関連記事

親権とは?
親権者指定の判断基準を押さえる
親権を取得するための留意点

あなたにおすすめの事例

検索条件: 親権

  • 1
  

同居したことがない妻から子どもを引き取り、親権を取得した男性の事例

Aさんは、2年前に結婚しましたが、同居したことがありませんでした。結婚前からうつ病の波が酷く、出産後は子育てでうつ病が悪化、入院。事情を説明し、妻の親族の協力のもとで子どもを引き取りました。翌日、妻は[...]

依頼結果:

親権 ○取得


/ 会社員 / 婚姻期間:2年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点





なぜ弁護士?