子どもを引き渡してしまったものの、監護権を取得できた妻Mさん

ご相談者Mさん (福岡県宗像市)
職業:医師
婚姻期間:8年
解決までの期間:3ヶ月
解決方法:裁判
子どもあり (4歳息子)
離婚を切り出した

相手:医師

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

依頼前 依頼後 利益
監護権 × ○取得
婚姻費用 × 月額17万円 月額17万円

 

状況

Mさん夫妻は、双方とも医師であり、職場で知り合い8年前に結婚しました。

それから4年後に長男が生まれました。 しかし、双方とも仕事が忙しく、お互いに関心を持たないようになっていきました。

形骸化した夫婦関係が続き、1年ほど前からMさんは、他の男性と交際するようになりました。

夫がMさんの浮気に気づいて、離婚を前提に別居することとなりました。

Mさんは、当時保育園に通う4歳の息子を残して、実家へ帰りました。

2、3日経って、Mさんは、子どもの引渡しを夫に求めましたが、夫は拒みました。 そこで、Mさんは、弁護士に相談しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、家庭裁判所に監護者の指定と子どもの引渡の審判及びその保全処分を申し立てました。

そして、過去の監護実績に照らして、子供の監護者はMさんがふさわしいと主張しました。

その結果、審判で妻に監護権が認められ、子どもの引渡請求が認められました。

 

補足

このケースでは、夫側はMさんの他の男性との不貞行為等を挙げて、Mさんが監護者として相応しくないと主張してきました。

しかし、監護者の指定において、不貞行為は基本的には考慮されません。

夫婦の問題と親子の問題は別個と考えられるからです。

大切なことは、過去の監護実績と監護者としての能力の有無です。

また、このケースでは、子どもを一度は自宅において別居しましたが、すぐに引き渡しを求めたので、成功した事案です。

相手方が子どもを監護している期間が長期化していれば、結果は変わったかも知れません。

さらに、監護権を取得できたので、相手方からは婚姻費用として、月額17万円を取得できました。

 

 





関連記事

親権とは?
親権者指定の判断基準を押さえる
親権を取得するための留意点

あなたにおすすめの事例

検索条件: 親権

  • 1
  • 精神病
  • うつ病
  • 精神疾患
  • 子の引き渡し
  • 親権
  • 精神的病
  

同居したことがない妻から子どもを引き取り、親権を取得した男性の事例

Aさんは、2年前に結婚しましたが、同居したことがありませんでした。結婚前からうつ病の波が酷く、出産後は子育てでうつ病が悪化、入院。事情を説明し、妻の親族の協力のもとで子どもを引き取りました。翌日、妻は[...]

依頼結果:

親権 ○取得


40代男性 / 会社員 / 婚姻期間:2年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?