妻の不貞相手から200万円を一括で受け取った夫Iさんの例

ご相談者Iさん (福岡県飯塚市)
婚姻期間:10年
解決方法:協議
子どもあり (1人)
離婚を切り出した

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

状況

Iさんは妻と10年前に結婚し、子ども一人を授かりました。

しかし、妻と他の男性と不倫したことが発覚したため、離婚し、子どもの親権を取得し独りで育てていくこととなりました。

Iさんは、家庭を壊した相手の男性を許すことができず、慰謝料を請求することとしました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Iさんから慰謝料請求の依頼を受け、相手に対して内容証明郵便にて慰謝料を請求し、交渉しました。

その結果、約1ヶ月で示談が成立し、200万円を一括払いで受領しました。

 

補足

数百万円の慰謝料の場合、相手に資力がないため、示談が成立しても長期の分割払いとなることがよくあります。

その場合、途中で支払いが滞ってしまうリスクがあります。この事案でも、相手の収入はあまり高くありませんでしたが、親族等に借り入れてもらうよう交渉し、一括で受領することができました。

不貞行為と慰謝料について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 




関連記事

慰謝料とは?