モラハラ妻のせいでうつ病になった夫Hさんが相手方の要求する財産分与を減額した事例

ご相談者Hさん (福岡県糟屋郡)
職業:会社員
世帯年収:620万円
婚姻期間:6年
解決までの期間:10ヶ月
解決方法:調停
子どもあり (5歳、3歳、1歳)
離婚を切り出した

依頼前 依頼後 利益
離婚 ×不成立 ○成立
財産分与 500万円 300万円 200万円
婚姻費用 月額16万円 月額10万円 月額6万円
養育費 月額15万円 月額12万円 月額3万円
面会交流 × ○(2週間に1回)

 

状況

Hさんは、6年前に妻と結婚し、その後3人の子ども(5歳、3歳、1歳)を授かりました。

妻は、子どもが生まれると、すべてにおいて、子どもを最優先にするようになりました。例えば、Hさんが仕事から疲れて帰っても、ねぎらいの言葉もありませんでした。Hさんは、仕事で疲れていても、できるだけ子どもの育児に協力しましたが、妻は感謝するどころか、Hさんの監護を非難しました。

また、妻は、Hさんに対して、日常的に「役立たず。」「邪魔よ。」などの暴言を吐く状況でした。

そのためHさんは、うつ病を発症し、心療内科へ通院するようになりました。

Hさんは、このまま妻との生活を続けた場合、命にも関わると考え、当事務所に相談に訪れました。

 

弁護士の関わり

妻側にも弁護士がつき、離婚調停となりました。

離婚調停において、妻側は、仮に、離婚に応じる場合の財産分与を求めてきました。

Hさんの別居時点における財産の状況は、下記のとおりでした。

【Hさんの財産】

自宅時価2800万円程度
預貯金200万円
株式10万円
住宅ローンの残額2600万円

そして、妻は、財産分与として、500万円を要求してきました。

しかし、本件では、Hさんの預貯金から妻が別居後に無断で100万円を引き出していることが判明していました。

そこで、弁護士は、この無断で引き出した100万円を妻の取得財産から控除することを主張しました。

その結果、200万円の財産分与で離婚が成立しました。

 

補足

財産分与においては、時間の流れとともに、対象財産が変動します。そこで、対象財産の基準時を確定する必要があります。この基準時については、別居時か離婚時か争いがありますが、本件では、妻がHさんに無断で預貯金を引き出していることから、この引き出した額については、いずれの説に立っても考慮すべきです。

このような無断の引き出しは、妻が預貯金を管理している場合、比較的多いので注意してください。

この事例の離婚に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の婚姻費用に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の養育費に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の面会交流に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

財産分与とは?
財産分与の対象財産を洗い出す
財産分与の基礎知識
財産分与の諸問題

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 家庭内別居
  • 家事をしない
  • 共働き
  • 性格の不一致
  • 財産分与
  

面倒くさがって話合いが進まない妻と協議で離婚できたIさんの事例

Iさんは、円満な婚姻生活を送っていました。しかし、夫婦共働きで忙しかったこともあり、夫婦仲は悪くなっていきました。家事や育児は主としてIさんが行い、不満を募らせていましたが、子ども達のために離婚を踏み[...]

依頼結果:

財産分与 自宅建物の共有持分取得(約300万円増額


60代男性 / 公務員 / 婚姻期間:約33年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?